top of page
  • pe2s-isgi

ブラック・アート展(2023年)紹介

更新日:2023年4月24日



クリスティーズ、2023年必見のブラック・アート展を紹介



Fighters for Freedom: William H. Johnson Picturing Justice

オクラホマ市立美術館2023年2月8日~5月14日)

黒人の先見性のある人々の功績を称え、正義と平等のために戦った人々に敬意を表したアメリカのアーティスト、ウィリアム・ヘンリー・ジョンソンの作品を展示しています。


Black Orpheus: Jacob Lawrence and the Mbari Club

ニューオーリンズ美術館2023年2月10日~5月7日)

ナイジェリアに9ヶ月間滞在し、精神性とコミュニティを探求したアメリカ人画家Jacob Lawrenceの回顧展です。


Njdeka Akunyili Crosby

カリフォルニア州ハンティントン美術館(2023年2月15日~6月12日)

Njdeka Akunyili Crosbyはロサンゼルスを拠点とするナイジェリア生まれのアーティストで、アフリカのディアスポラ体験とトランスナショナルなアイデンティティを探求するコラージュベースの絵画で知られています。ペイント、テキスタイル、雑誌のイメージ、家族の写真などを使って、文化的な言及の複雑なタペストリーを作り出しています。


A Movement in Every Direction: Legacies of the Great Migration

ニューヨーク州ブルックリン美術館(2023年3月3日~6月25日)

本展は、600万人のブラック・アメリカンが隔離と差別のために南部の農村を離れ、他地域の都市に移り住んだ大移動(1910-1970)を反映しています。12人の現代ブラック・アーティストが、映画、タペストリー、絵画などの媒体を使って、大移動がアメリカの社会的・文化的構造に与えた影響を探ります。


Souls Grown Deep like the Rivers: Black Artists from the American South

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ、ロンドン(2023年3月17日~6月18日)

ラングストン・ヒューズの著書をタイトルとし、20世紀半ばから今日までの34人のアーティストによる彫刻、絵画、レリーフ、ドローイング、キルトを取り入れた約70点の作品を展示。


Simone Leigh

ボストン現代美術館 (2023年4月6日~9月4日)

人種、女性の性、物質文化のアイデアを探求する彼女の20年にわたる芸術活動を、セラミック、ブロンズ作品、インスタレーション、ビデオで紹介します。


Isaac Julien: What Freedom Is to Me

テート・ブリテン、ロンドン(2023年4月26日~8月20日)

ビデオアーティストの先駆者であるアイザック・ジュリアン卿の英国初の回顧展で、初期の実験映画から最近のマルチスクリーン・インスタレーションまで、彼の創作活動とアクティビズムを紹介しています。


Carrie Mae Weems: The Evidence of Things Not Seen

バーゼル美術館(2023年11月4日~2024年3月17日)

疎外された声やオルターナティブ・ストーリーを強調することで支配的な歴史的シナリオに疑問を投げかけ、写真、ビデオ、インスタレーションでウィームスの深い考察を表現。





Comments


bottom of page