top of page
  • pe2s-isgi

テート・モダン A World in Common: Contemporary African Photography

2023年7月6日から2024年1月14日までテート・モダンで開催された"A World in Common: Contemporary African Photography"は、アフリカの世界的な意義を写真を用いて再定義する36人のアーティストを取り上げた。本展は、文化的伝統と現代の社会的・政治的力学からインスピレーションを得て思い描く、アフリカ視点からの共有の世界を奨励するものである。

カメルーンの哲学者アキレ・ムベンベのアイデアに導かれた本展は、ステレオタイプに挑戦し、3つのテーマ章、「アイデンティティと伝統」、「対抗する歴史」、「想像される未来」を通して、多様で相互に結びついたアフリカの現実を探求している。

第1章「アイデンティティと伝統」では、アーティストたちがアイデンティティと伝統の接続性を掘り下げていく。彼らは、歴史的な圧力に抵抗した文化、宗教、芸術形式を探求している。このセクションでは、ヨーロッパとアジアの入植地を取り上げ、植民地化と暴力の影響を強調する一方で、先住民の回復力を称え、現在も続く主権の重要性を強調している。探求は精神性にまで及び、多様な宗教的慣習を受け入れ、植民地時代に植え付けられた固定観念に挑戦し、儀式を地域社会をつなぐ手段として捉えている。

本章の「Worrying the Mask」セクションでは、アフリカの遺産としての仮面の重要性、植民地時代における仮面の没収・廃棄、そして土地を奪われた歴史に挑む現代のアーティストたちを取り上げる。ジーナ・サロ=ウィワのようなアーティストは、写真やパフォーマンスを通してアイデンティティ、ジェンダー、権力の政治性を探求し、仮面展示の再評価を促している。

第2章「対抗する歴史」では、植民地的視線に挑戦し、オルタナティブな過去のイメージを提示するカメラの能力に焦点を当てる。この章では、共同制作と自己表象の場としてのスタジオ肖像画を探求し、独立期のエンパワーメントの道具としての家族の肖像画を称賛する。「リビング・アーカイブ」では、独立後、アーティストたちが個人的な遺物を使ってカウンター・ヒストリーを創り出し、「公式」の物語に挑戦し、個人的な視点に焦点を当てた時代を探る。

最終章「想像された未来」では、グローバリゼーションと気候変動がもたらす緊急事態の影響を探る。アーティストたちは、共有する夢を踏まえた未来を考え、植民地的な視点を否定し、地球規模の展望を受け入れる。彼らは、アフリカ経済成長の展望、環境搾取、そしてグローバル・サウスの市民に不釣り合いなインパクト与えるグローバルな問題によって生み出されるジレンマに取り組んでいる。展覧会の最後を飾るエピローグでは、アーティストたちが自然の風景を案内し、地球上で共存していくための革新的な方法を思い描くよう観客を促す。

展覧会を通して、アーティストたちは人間性の共有と包括的な物語を促進し、既成概念に挑戦し、多様な視点を認識させている。この展覧会は、鑑賞者に様々な未来を想像させ、自らの運命を切り開くアフリカ人の主体性を強調するもので、セネガルの学者フェルウィン・サールが『アフロトピア』でアフリカ人にユートピアの夢を提示し、自分たちの大陸を独自にデザインするよう呼びかけたことと一致している。

Comentarios


bottom of page