top of page
  • pe2s-isgi

ザンジバルの扉 (要約)

写真:ウーヴェ・ラウ

文:ムワリム・A・ムワリム



ザンジバルの扉は、タンザニアのザンジバル市の旧市街にあるストーンタウンにあります。西暦1500年頃、有名な旅行者がモンバサで「扉は木でできており、よく彫刻され、優れた接合部を持っている」と記述したのが始まりとされます。19世紀末のオマーン第3代統治者スルタン・バルガシュの治世に栄え、彼は戴冠式の前にボンベイとロンドンに滞在したと記録されています。このようなインドとのつながりから、多くの彫刻家がザンジバルに輸出されました。このことが、ザンジバルのドアに典型的に見られる円錐形の装飾的な真鍮のボスの説明になります。装飾的な真鍮のボスは、部族間の戦争中、パンジャブの邸宅の入り口にあったトゲトゲの入り口に由来し、それが現在の円錐形のボスに変化したと言われています。別名 「アラブのドア」は、複雑な彫刻が施されたフレームに包まれ、外側の枠は鎖やロープの形をしており、住居に侵入しようとする悪霊を退治するためのものです。内側の枠にはアーモンド、蓮、ヤシの葉が彫られ、下の魚はアッシリアの神アッタルガティスに由来します。古い世代の最後の彫刻家であるブワナ・ヤヒヤは、ヤシの葉をミリペドと呼ぶことを好みましたが、そのシンボルは変化し、松の林檎、さらに後には花瓶へと姿を変えました。House of Wondersの場合、王族であることを示すために、力と権力の象徴(ワシとライオン)が使われています。まぐさの上には、正方形か、時には半円形のフリーズがあり、ロゼッタが彫られ、聖典コーランからの碑文や、彫られた日付、家の所有者の名前が刻まれたプレートが飾られます。対の戸は中央の支柱によって整列され、この支柱にもシンボルが彫られています。ポストは通常、左の戸に取り付けられ、右の戸には高さの半分の位置に、ドアノッカーが取り付けられることもあります。このような大きなドアの場合、通常のノックでは(スワヒリ風に言えばhodi、お邪魔します)あまり実用的ではないからです。インドチーク材は、彫刻に様々な深みを持たせることで光と影の効果を生み出すため、彫刻家たちに最も好まれました。1982年までの保存活動によって、ストーンタウンには806枚の扉が現存するようになりました。その努力にもかかわらず、ボスやフリーズ全体が取り外されたり、時にはドア全体が売り物にされることもあり、遺産を守る努力がなされています。同時に、彫り師たちは新しい彫り物を作って販売したり、失われたパーツを修復するよう奨励されています。このような活動は、歴史的な遺産を保護するだけでなく、文化の未来への「hodi」とつながるのです。

Comments


bottom of page