top of page
  • pe2s-isgi

コンゴにおける近現代美術の90年(要約)

M. Andre Magnin



この展覧会(Beauté Congo - 1926-2015 - Congo Kitoko)は、偶然と必然の結果です。コンゴ人とヨーロッパ人の出会いを反映し、90年間にわたるコンゴの芸術的成果を紹介することを目的としています。展覧会では、コンゴの芸術的情熱の証である、傑作でありながら知られざる作品の数々を紹介します。 私の旅は1986年、非西洋文化の芸術的研究に着手したことから始まり、最終的にはキンシャサの活気あるアートシーンへとつながりました。 キンシャサの "大衆"芸術家たちは、もともと広告画家や装飾画家で、人通りの多い通りにアトリエを構え、コンゴの日常生活を描いた作品を制作していました。これらの芸術家たちはキンシャサで有名になり、都市の困難の中で社会の忍耐力を反映した、魅惑的でユーモラスな数々の作品を生み出しました。展覧会では、アルベール・ルバキやジラテンドに代表される、1920年代後半からのコンゴ近代美術の最初の時代の忘れられた痕跡も紹介します。 フランス人の船員で画家のピエール・ロマン=デスフォセスの指導のもと、強烈な詩的ジェスチャーで彼らの環境と伝統をとらえた力強く多作な作品を生み出したハンガー・ワークショップの芸術家たちへと私の旅は続きます。 1943年に設立されたキンシャサ美術アカデミーは、実験と批評的考察に熱心な芸術家世代を育成する上で重要な役割を果たしました。イエベラ(Yebela)やエザ・ポッシブル(Eza Possibles)たちによる芸術運動が勃興し、芸術と生活、文化、政治との結びつきが強調されました。 私の使命は、コンゴ芸術への情熱を西洋の人々と分かち合い、コンゴの活気あふれる生き生きとした芸術を明らかにすることでした。展覧会では、ルバキ時代からハンガー時代、大衆芸術家から現代芸術家まで、コンゴ芸術の90年の歴史を語ります。 コンゴの芸術はコンゴ人自身のものであり、観客を独自の発見の旅へと誘います。この展覧会は、現代コンゴの芸術とその時代を超えた旅を祝福するものです。

2015年4月

原文:Beauté Congo - 1926-2015 - Congo Kitokoカタログ



コメント


bottom of page