top of page
  • pe2s-isgi

『Out of Africa』展カタログ

更新日:2023年5月12日

The Jean Pigozzi Contemporary African Art Collection at the Saatchi Collection


『Out of Africa』展は、The Jean Pigozzi Contemporary African Art Collectionからの作品を中心に The Saatchi Collection(ロンドン)にて1992-1993に開催されました。膨大なアフリカン・アートのコレクターであるJean Pigozzi氏、キュレーターAndré Magnin、Jean-Michael Rousset、Yaya SavaneとSaatchi Collectionが中心となり、特にAndré Magnin氏はMagiciens de la Terre展でも中心となったキュレータでした。


参加アーティストは次のとおりです。


Frederic Bruly Bouabre(アイボリーコースト)

Efiaimbelo(マダガスカル)

John Goba(シエラレオネ)

Emile Yebo Guebehi(アイボリーコースト)

Romuald Hazoume(ベニン)

Bodys Isek Hingelez(ザイール)

Cheik Ledy(ザイール)

George Lilanga(タンザニア)

Esther Mahlangu(南アフリカ)

Moke(ザイール)

Cyprien Tokoudagba(ベニン)



André Magnin氏考察(抜粋)


アフリカンアートの現代的なスタイルが存在するだけでなく、新しい方向性を示しているとキュレータであるAnder Magnin氏は次のように述べています。


これらのアーティストにとって、制作や革新は、正確さよりも重要ではありません。彼らは答えを探すというよりも、問うべき正しい問いを探しているのです。彼らは、技術的な才能によって、従来の形を表現の限界まで押し上げる職人として作品にサインをするのではありません。むしろ、伝統、神話、信仰、文化交流、あるいは昨日と今日の爆発的な融合の証人として機能し、自分たちの歴史に閉じこもるような遺産の支配から逃れているのです。南から北へ、北から南へのアーティストにとって、海を越えることは、もはや自分たちの正当性を失うイデオロギー的な証明ではありません。(オリジナル文は英語サイトを参照)


出典元:"In Secret, Where Everyone Can See", The Jean Pigozzi Contemporary African Art Collection at the Saatchi Collection









Comentarios


bottom of page